プロフィール
(有)フレックスはオリジナルステッカーを作っています。
「店長??」と疑問符がつくのはなぜでしょうか?そんな店長??と「シン」さんが書いています。
フレックスのホームページへ戻る
名前:(有)フレックス
ウェブサイトURL:http://www.flex-akabo.co.jp

2007年12月03日

J1昇格、J2リーグ優勝

店長???です。

12月1日は札幌ドームで入れ替え戦か、昇格か、優勝か、の3つの可能性があるという、心臓に悪いリーグ最終戦。
札幌は、負けても、京都が引き分け以下で昇格決定でしたが、東京ヴェルディは勝てば優勝&昇格(これは、もう決まっていた)。京都は札幌が負けて、自分達が勝てば昇格確定。

前半、札幌は水戸にコーナーキックから、なんだそれ?というポーンと蹴られてフワーッと円弧を描いたボールがゴール左上(後からみてて)の高木の手の届かないギリギリの隙間に吸い込まれて先制(された・・)。

その時点で、東京も京都も先制していて、札幌だけが負けていた上に、試合がぜんぜん面白くない。下手くそなんじゃあないの?今日はギクシャクして、連携が悪くて、水戸のサイドチェンジについていけてなくて、ボールもほとんどもててない、取られてしまう、パスミスが続くという時間が続いて、正直、ちょっと覚悟までしてしまいました。

それが、前半終了の10分位前から、私の目には砂川が目だって見えてきて、他の選手までわからないから、その時間帯から少し札幌の選手の動きが変わったに違いなく、攻撃を仕掛け初めていたんだろうなと思うわけで、水戸ゴールのあたりで、ゴチャゴチャしてたと思ったら、ゴール!!!でした。

引き分けなら自動昇格だもの。それは、安心しました。

後半も、この前の京都戦のような、熱いプレーにはなぜかならない札幌だったのですが、ダヴィが、今まで、ここでなんで決めてくれないのか?と絶句や絶叫を誘ってきたことを思いださせる1人で持ち込みキーパーの手をすり抜けさせるボールでゴール!!決めちゃった。

せっかく藤田が入りましたが、もはや守備に徹する札幌ですから、やっぱり試合自体はおもしろくなりようはないのですが、ホームで勝って最終戦を飾り、昇格を決めること以外に何も重要なものもないわけで。

試合終了のホイッスルがなると同時に、隣の娘が携帯のテレビ情報からヴェルディが引き分けた!!優勝なんじゃない!!と言ってる。周辺の人たちと一緒に、優勝だ、優勝だと騒いで、ドームのみんなに伝えたい!と言ってると、場内の大画面にチャンピオンの文字が、出て、場内騒然です。選手たちも、手を突き上げて喜んでる。

最後の最後に待っていた昇格と優勝。

最下位の時から、ここまで、札幌は地道に人材育成という手法で上りつめたことが、感無量で思い出させられる。
ユースの選手を育て、人材を探し、北海道に根付いたチームとして力をつけていくという方針が結実したんだとほんとに思った。

J1でやる来年。観戦にいけるように、仕事もちゃんとしよ。
ちなみに、12月1日は、スカイライン氏1人で留守番(仕事)していた当店でありました。
ラベル:コンサドーレ
posted by 店長?? at 08:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサドーレ札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック