展示会で活躍・カッティングステッカー

_MG_0307.jpeg

カッティングステッカーが展示会で活躍!
ブース出展に役立つステッカーとは

今回はHILLTOP株式会社様から、展示会でのブース出展に関するご相談を承りました。なんと会場は東京ビッグサイト!一大イベントへの出展にご相談をいただき、とても光栄でした。ご依頼内容は「壁面にサービスの説明図を大きく記載したい」というもの。『カッティングステッカー』でのブース装飾をしたいというご希望でした。
_MG_0337.jpeg

こんな一見難しそうなブース出展も、ステッカーで貼り付けることでかんたんに実現できるんです!今回は、展示会に役立つカッティングステッカーの注文から製作までの流れを、写真とともにご紹介します。
カッティングステッカーの注文

カッティングステッカーをご注文いただく際は、Illustrator形式のデータファイルが必要です。Illustratorとは、Adobe社のデザイン制作ソフトのこと。社内デザイナーや外注企業にデザインを依頼する場合は、Illustrator形式でデータ出力してもらうようにしてください。
こちらが壁面完成図。

normal01.png

今回は、このようなデザインを、展示会のブースの大きな壁面に白色で施したいというご依頼でした。ところが、ここで大きな問題が!デザインが2メートル70センチという超巨大サイズなんです!!これだけ大きなサイズのステッカーを一度で貼るには、大き過ぎて失敗してしまう可能性があります。そこで、弊社がとった対策が……

hilltop.jpg

デザインを5枚に分割する方法です!壁面に対して、最初に、位置合わせをしてから順に貼っていただければ、失敗することなくきれいに仕上がります。どんなふうに分割するかは、メールにてイメージ画像をお見せして事前にお知らせします。こうして、HILLTOP株式会社様と何度かやりとりさせていただき、受注→製作→発送→現場での貼り付け作業を終えて、ブースが完成!

ブース出展がステッカーでかんたんに実現!

HILLTOP03.jpg

HILLTOP05.jpg

HILLTOP04.jpg

展示会は、盛況のうちに終了したとのことです。社員の皆様の笑顔の写真も送ってもらって、お客様ととても距離が近づいたような気持ちです。

活用シーンは他にも色々!

今回ご紹介したのは、カッティングステッカーのご利用方法の一部です。平面で単色のシンプルなデザインでも、ウインドーや様々な告知、看板をお持ちの場合など、カッティングステッカーは様々なシーンでご活用いただけます!展示会では、社名や商品名が意外とカッティングステッカーで作って貼ってある場合があります。フルカラー印刷やモニターを使った展示が増えてきましたが、便利で手軽なカッティングステッカーの需要もまだまだ絶えません!ぜひカッティングステッカーのご利用をご検討ください。

この記事へのコメント