北海道のカーラッピングの未来

どうもスカイライン氏です。

なかなかに忙しくさせて頂いていて、ブログを書く時間が取りにくくなっているスカイライン氏ですふらふら(反省)

さてさて、カーラッピングという言葉、耳馴染みないと思います。
簡単に言うと、塗装に代わる方法なのです。

今までは「塗装」するのが当たり前だったんですが、これを「貼る」方法でも出来ますよーって事です。
ただし、まだまだ普及していない最先端な方法です。
海外ではもう普及していて、お客さんは塗装するか貼るかを普通に考える時代みたいです。
何故か日本が遅れているのですねー、なんででしょう?なんでも最先端好きな日本なのに・・・。

そして大問題は、貼れる職人が少ないという事ですね。
ただ「貼る」だけでしょ?なんて思ったソコのあなた!甘いです、甘過ぎです。
そんなワケありません、もの凄ーーーーーーーーーーく!!!難しいのです。

塗装だって同じじゃないですか?「塗る」だけでしょ?なんて言えますか?
そりゃ素人が自己満足で塗るだけなら誰でも出来ます。
だけど、代金を頂いて完璧に、お仕事としてやるのなら、塗装だろうとなんだろうと、
技術を持ってなければ絶対に出来ませんよね?

だったら、「貼る」んじゃなくて、「塗装」だけでいいじゃん。
わざわざ貼れる会社を探してまで、塗装と同じ事されても意味ないし・・・。
というのは間違いなのです、「貼り」にしか出来ない事があるから、
海外では普及してるのです。

塗装では絶対に出来ない事とは・・・
・カーボン柄 ・ヘアライン柄 ・マットカラー(厳密には塗装でも可能です)
・その他特殊カラー
これらは、塗装では再現できません。

加えて作業時間の短さです。
塗装だと車を預けて1週間前後掛かる事も多いと思います。
しかしラッピングなら、部分的であれば日帰り、ボンネットやルーフなら、
2~3日、車全体(フルラッピング)なら1週間~と、塗装よりも早く仕上がるのです。

料金は残念ながらあまり変わりません、モノによっては塗装より高いかもしれません。

そんなラッピング作業、ちょっとではありますがご依頼頂きました手(グー)

セリカ ステッカー 貼り施.jpg

セリカ(トヨタのスポーツカー)をお預かりしまして、一日掛けてのステッカー貼り作業です。

ウィング ラッピング ブラ.jpg

問題はココ、リヤウィングを白からブラックへと変える「ラッピング」です。
私も作業経験はあまり無いのですが、知識だけはありますので、持ちうる全ての知識と少ない経験をフル稼働させて、綺麗に貼り込みさせて頂きましたグッド(上向き矢印)


ラップフィルム1080 札.jpg
ラッピング ブラック.jpg
ラッピング 3M.jpg

どうですか!

そしてフロントバンパーも・・・

バンパー ラッピング 北海.jpg
バンパー ラッピング 札幌.jpg

無事完了です!

使用したフィルムは、住友3Mのラップフィルム1080シリーズです。
特に剥がれやすいと思われる箇所には、プライマー処理を施しておりますので、
より完璧に近づけられるよう作業させて頂きました。

そして・・・

セリカステッカー完成.jpg
セリカステッカー完成2.jpg
セリカステッカー完成3.jpg
セリカステッカー完成4.jpg

レーシングカーの完成ですexclamation×2

丁度一年前に、サイドの赤いTRDを貼らせて頂いたんですが、今回は追加で各種ステッカーとブラック化ラッピングのご依頼でした。

作業時間約8時間、じっくり丁寧に作業しまして、ほぼ完璧に仕上がったと思います。
お客様にも大変喜んで頂きました。

さてさて、北海道のカーラッピングの未来ですが、まだまだ先は長そうです。
全然認知されてませんので、これから数年かけて普及していけばいいなという感じです。

まずもって、貼れる人が少ないですからねー。
貼る技術を教えてくれる場はありますので、自分から修行に行くのが良いと思います。

私も修行に行った事はありませんが、とりあえずまぁまぁの経験年数積んでますし、
様々なラッピング車両を見てきて、触って、確かめて、自分で貼ってと、
そこそこの技術は持ってるつもりですので、簡単なご依頼なら受けられます。

さすがにフルラッピングは無理です。
出来て、ボンネット・ルーフや、今回のセリカのような部分ラッピングですね。

ホームページにも出来ればUPしたいんですが、あまり宣伝しても、
ご依頼をポンポン受けられないので、口コミレベルでいいかなーという考えです。

では(^^)/~~~
当店HP→http://www.flex-akabo.co.jp/index.htm


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック