すりガラス調シートへのプリント

どうもスカイライン氏です。

時代の流れというのは凄いです、技術は一体どこまで進化するんだろうと、将来を考えると楽しみです。

一昔前までは不可能だった物が、個人レベルで出来ていくんです。
良い面もありますが悪い面もある、それが人間であり歴史になっていくんでしょう。

という事でご紹介したいのが、すりガラス調シートへのプリントです。

貼り方からご説明しますね。



IMG_6743.JPG
まずはガラスを清掃します、ガラスクルーなんかで良いです。



IMG_6752.JPG
位置決めのラインを塗装用マスキングテープで引きます。



IMG_6753.JPG
すりガラスプリントシートを仮固定します。



IMG_6756.JPG
端の紙だけをカッターで切ります。


IMG_6759.JPG
端を貼り込みます。



IMG_6764.JPG
シートをめくって、霧吹きで水をたっぷり吹き付けます。



IMG_6771.JPG
紙をめくって、シートを貼り込んでいきます。



IMG_6778.JPG
これで完成です(^^)
素材を変えてから、空気混入がしにくくなりましたので、
非常に良い感じです。


IMG_6779.JPG
しかし、昼間に表から見ると暗く見えてしまいます・・・残念。

これを解決する方法がありまして・・・


IMG_6786.JPG
どうです?下の方は良く見えるでしょう?
これは最新の技術を使用すると、こうなります。



IMG_6790.JPG
この方法なら、夜もOKです!

昼も夜もOKなんて、素晴らしい事です。
これが目覚ましい技術の進化なんです。

施工した私自身もビックリです、色んな事が出来過ぎて、勉強が追いつきません。

とりあえず、その内ホームページにUPするとして、これから残業です(^_^)頑張りますよ~。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック